身の守り方はわからないけど 目の守り方ならわかる という話です。

危険な世の中になりました。 テロであったり事故であったり 海外の事件にとどまらず国内でも気を付け付けなければならなくなりました。

目は大事だという話をしましたがそれを最初に感じてのは  自転車に乗るお客様と話したときです。

当店では ご来店されたスポーツサングラス要望の方には必ず競技 種目をお伺いします 自転車では 走行距離 走行時間も聞くようにしています。 日中なら問題ないのですが  遅くまで走る方には レンズの濃度をどうするかじっくり話すようにしてます。

自転車に乗ると いかに いろいろなものが飛んでくるかわかります。  一番わかりやすいのは 虫です。 どこ見て飛んでるんだと怒りたくなるくらいぶつかってきます。 怖いのは ハネ石 くるまだったり バイクだったり 体に当たるくらいならいいですが顔や目に当たったら大変です。 顔に当たると 思わず目をつぶってしまいます。 高速で移動している自転車が目をつぶったらどれほど怖いか 想像に難しくないですよね。  ですから分かりやすくいうと 目をつぶらなくてもいいですがサングラスが いいサングラスだとも言えます。

これを応用して 危険物を取り扱う工場での

「最強保護グラス」

という提案をしました。

それがこれ

image

現時点のうちのは総力を挙げてこれ以上の目を保護するメガネはありません。

厚みの差は歴然

image

 

うえが実測で2.45mm

したが1.45mm  ざっと1,7倍 

散弾 爆弾の破片くらいなら跳ね飛ばすそうです。

ミルスペック対応

image

主な需要先は 米軍らしいですが 戦争だけに使うのはもったいないですよ。

その厚みは ぜひ店頭でご覧ください。

投稿者プロフィール

上田唯司
上田唯司
 名古屋を中心に「メガネプラザ」「グラスヒュッテ」を展開する株式会社東和工業の代表です。 
内面の色気を引き出す「最幸の色メガネ」で、かける人を「元気」にしたいと願いながら仕事をしています。
 私が入れ込んでいる趣味の話 最近気になっている話などなどをつれづれなるままに書き記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。